バーヴィヴェーカとヴァルナの平等性  [in Japanese] Bhāviveka and the Equality of the Four Castes  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>Kajiyama (1963)およびde Jong (1990)は,アヴァローキタヴラタ(8世紀頃)が<i>Prajñāpradīpaṭīkā</i>においてヴァルナ制(「カースト」制)を容認する意図をもって『マヌ法典』の引用を行う,例外的な仏教徒だとする.さらにこれらの研究は,このアヴァローキタヴラタによる注釈をもとに,<i>Prajñāpradīpa</i>の著者バーヴィヴェーカ(6世紀頃)も,アヴァローキタヴラタと同様,ヴァルナ制に対して肯定的な立場であったと見なしている.近年,これらの解釈に対し,高橋(2011)およびNishiyama (2012)は,アヴァローキタヴラタがヴァルナ制に対する否定的な意味合いで『マヌ法典』を引用しているという論考を提示している.しかしながら,これまでの研究では,<i>Tarkajvālā</i>というバラモンの優越性に対して明確に批判を行うバーヴィヴェーカの著作が扱われていない.そこで本稿は,<i>Tarkajvālā</i>中に示される,ヴァルナ制に対するバーヴィヴェーカの立場に関する,新たな資料を提示する.さらにそれにもとづき,バーヴィヴェーカも,この社会的階級制度に対して,仏教思想の伝統的見解に従っていたことを明らかにする.</p>

Journal

  • Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)

    Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) 68(3), 1180-1186, 2020

    Japanese Association of Indian and Buddhist Studies

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007899315
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00018579
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0019-4344
  • NDL Article ID
    030345351
  • NDL Call No.
    Z9-55
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top