米国のTransit Streetの知見を活用した国内都市中心部での公共交通優先街路空間整備の指針に関する研究 A Study on Design Guideline of Public Transportation Prioritized Street in CBDs in Japan referring to "Transit Street" in the USA

この論文にアクセスする

著者

抄録

<p>近年米国では「公共交通の優先度が高い街路」を意味する「Transit Street」が提唱されている。公共交通と歩行者のみが通行可能なトランジットモールと違い、自家用車も通行可能であるが、様々な設備を導入し、自家用車の利便性を低下させることで公共交通や歩行者の有意性を保つものとされている。米国では既に整備ガイドラインの発行も見られる。一方日本にはTransit Streetやそれに近い概念は存在しないものの様々な整備が行われた結果、公共交通が優先されるような街づくり・街路づくりが行われた事例は存在する。そこで本研究は日米の事例を参照し、日本における今後の公共交通優先街路空間整備の指針を示すことを目的とする。このためにまずTransit Streetの歴史・定義・空間要素を示したあと、日本での類似事例として福岡市明治通りの整備経緯・内容を報告する。最後に日米の類似点・共通点を踏まえた日本での公共交通優先街路空間整備の指針を示す。</p>

<p>These days, "Transit Street" is being advocated in the USA. Transit Street means "the street which is prioritized for public transportation" and is mainly designed for public transportation and pedestrian. In contrast to Transit Mall, private cars also can go through Transit Street, however, some devices make them inconvenient. Some cities and associations already have published guidelines for Transit Street. In Japan, there's no concept like Transit Street, nevertheless, there's a case similar to Transit Street. The objective of this study is to suggest a guideline for public transportation prioritized streets in Japan. Then, the history, definition, and spatial elements of Transit Street and Japanese cases are reported. After that, guidelines of Japanese Transit Street are shown referring to Transit Street in the USA.</p>

収録刊行物

  • 都市計画論文集

    都市計画論文集 55(3), 258-265, 2020

    公益社団法人 日本都市計画学会

各種コード

ページトップへ