Link and Place理論の街路交通マネジメントへの適用に関する基礎的研究:-英国におけるケーススタディから- Fundamental Study on the Application of  'Link and Place' Theory to Street Traffic Management: From a Case Study in England

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>本研究は、街路にプレイス機能を位置付けたLink and Place理論に関する基礎的研究である。国際的な街路空間再配分実務への理論の適用実態と理論の発展状況に関する文献およびヒアリング調査、ケーススタディを行った。プレイス機能への需要を解釈する上で、潜在需要と顕在需要を区別しながら、これらの分析を行い、日本の街路交通マネジメント実務への適用に向け、理論の改良方針を示した。具体的には、潜在需要の推定時に交通結節点の重みづけを行うこと、住宅地域において、滞在確率を顕在需要の指標とすることを提案した。</p>

<p>This is a fundamental study on the 'Link and Place' theory, which establishes 'place' functions on streets. We conducted literature reviews, interviews, and case studies on the actual application of this theory to international street space reallocation practices and the state of progress for this theory. Upon interpreting the demand for this place function, while classifying potential demand and actual demand, we analyzed these demand classifications and indicated a policy to improve the theory for application to street traffic management practices in Japan. In specific terms, we proposed that transport hubs receive weighting when estimating potential demand and that the probability of people staying in a location be used as an indicator of actual demand in residential areas.</p>

収録刊行物

  • IATSS Review(国際交通安全学会誌)

    IATSS Review(国際交通安全学会誌) 45(2), 154-163, 2020

    公益財団法人 国際交通安全学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    130007934316
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002069
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0386-1104
  • NDL 記事登録ID
    030769907
  • NDL 請求記号
    Z5-183
  • データ提供元
    NDL  J-STAGE 
ページトップへ