プログレスバーの形状が時間評価に及ぼす影響  [in Japanese] <b>How does shape of a progress bar effect time evaluation? </b>  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 大坪 正和 OHTSUBO Masakazu
    • 九州工業大学大学院 生命体工学研究科 Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology
    • 吉田 香 YOSHIDA Kaori
    • 九州工業大学大学院 生命体工学研究科 Graduate School of Life Science and Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology

Abstract

<p>本研究の目的は,視覚情報を用いてパーソナルコンピュータのユーザーを満足させることである.パーソナルコンピュータのアプリケーションでは,時間評価に関係する動作が多く存在する.多くの研究は,ユーザーを満足させるために処理速度に焦点を当てている.我々は,ユーザーを満足させるためのアプリケーションインターフェースに着目し,知覚心理学の知見を用いてインターフェースが時間評価に及ぼす影響を調査する.具体的には,グラフィカルインターフェースの一つであるプログレスバーに着目し,プログレスバーの形状が時間評価に及ぼす影響を調査するために主観評価実験を行った.主観評価実験では,異なる10 種類の形状のプログレスバーを実験参加者に提示し,プログレスバーの動作が完了するまでの時間を答えさせた.動作時間は10 秒,12 秒,14 秒の3 種類とした.実験結果より,中心角が90 度のリング型のプログレスバーが時間を一番短く感じさせることが分かった.また,ファイル解凍ソフトを模したアプリケーションを作成し,結果が再現されることを確かめた.今後,より長い時間やより短い時間の処理を待つ場合でも同様の結果が得られるか調査する必要がある.</p>

<p>The main purpose of this research is to satisfy personal computer users by visual perception perspective. There are many kinds of task related to time evaluation on application. Most researches focus on processing speed. We focus on application interface that inspired by visual perception methods to satisfy users. This study attempts to find relationship between progress bar design components and subjective speed by subjective evaluation experiments, and apply experimental results to a software interface design. We prepared the 10 different shapes of progress bar, displayed each progress bar taking time around 10 seconds to be completed, and let subjects to answer how long they felt. As a result, the quarter ring shape makes subjects feel short. We examined the experimental results through a software interface design. In this paper, we introduce two conflicting psychological opinions about time evaluation and show experimental results. As a future work, we should investigate influence of display time.</p>

Journal

  • Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association

    Journal of Biomedical Fuzzy Systems Association 18(2), 31-39, 2016

    Biomedical Fuzzy Systems Association

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007935713
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1145146X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1345-1537
  • NDL Article ID
    027790981
  • NDL Call No.
    Z74-B741
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top