児童が自らの健康を保持・増進できるコンピテンスを育むためのSTEAM教育の検討:体育科を中心とした教科横断型プログラム開発に向けて  [in Japanese] A study of STEAM education for fostering children's competence to maintain and promote their health:Aiming at development of cross-curricular program centering on physical education  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

<p> 近年散見される健康課題に対応するには,児童が自らの健康を保持・増進できるコンピテンスを育むためのSTEAM教育が有効だと考えられる.本研究では,国内での先行研究や実践事例を調べるとともに,体育科を中心とした教科横断型プログラム開発の可能性と課題点を整理した.その結果,児童を対象とした健康教育にSTEAM教育や教科連携という視点を加えている国内の学術研究は見当たらなかった.一方,学習指導要領解説の内容比較から小学生を対象として,健康教育に関する教科横断型プログラムが実施可能であることが示された.</p>

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 44(0), 457-458, 2020

    Japan Society for Science Education

Codes

Page Top