内視鏡手術における術中神経モニタリングのこつ  [in Japanese] Tips of intraoperative nerve monitoring in endoscopic thyroid surgery  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 原 尚人 Hara Hisato
    • 筑波大学医学医療系乳腺甲状腺内分泌外科 Department of Breast and Endocrine Surgery, Faculty of Medicine, University of Tsukuba

Abstract

<p>内視鏡下甲状腺手術には様々なアプローチが開発され,さらにロボット支援下手術の開発も進んでいる。そのいずれにおいても,通常開放手術と同様もしくはそれ以上に術中神経モニタリングは有用である。どのアプローチにおいても,ガイドラインに準じての術中神経モニタリング施行手順を守ることと,反応消失時の評価手順によるトラブルシューティングが最大の「こつ」である。アプローチによっては電極プローベの工夫が必要であるが,新たな開発が期待される。</p>

Journal

  • Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery

    Official Journal of the Japan Association of Endocrine Surgeons and the Japanese Society of Thyroid Surgery 37(3), 197-202, 2020

    Japan Association of Endocrine Surgeons・Japanese Society of Thyroid Surgery

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007945929
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12893780
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    2186-9545
  • NDL Article ID
    030700941
  • NDL Call No.
    Z19-2463
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top