ASD児におけるボードゲーム指導によるキックベースのルール理解への効果  [in Japanese] Effects of Board Game Training on Understanding the Rule of Kick-Base in Children with ASD  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本研究は,ASDの診断がある児童2名,定型発達児(対照児)1名に対して,シミュレーション訓練としてボードゲーム(野球盤)を使用したルール理解指導を実施し,ルール実施,ソーシャルスキルがキックベース場面へ般化するかを検討することを目的とした。その結果,2名中2名のASDのある児童において,野球盤でのルール指導期前よりも後でキックベース場面のルール実施率が高いことが明らかになった。また,ソーシャルスキルについては,2名中1名のASDのある児童にキックベース場面での生起率の上昇が認められた。対照児においては,キックベースの経験回数を重ねることで,キックベースのルール実施率の上昇傾向が認められたが,ソーシャルスキルの生起率については変動がなかった。考察では,野球盤を使用したキックベース指導の利点や,ソーシャルスキルについて指導効果が認められなかった児童に対する指導手続きの課題等について論じられた。

Journal

  • Japanese Journal of Learning Disabilities

    Japanese Journal of Learning Disabilities 28(2), 249-261, 2020

    Japan Academy of Learning Disabilities

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007949582
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1346-5716
  • Data Source
    J-STAGE 
Page Top