韓・日間の養殖魚類の貿易動向と産業競争力:韓国の日本産養殖マダイの輸入を事例として  [in Japanese] A Trade Trend and Industrial Competitiveness of the Cultured Fisheries between Korea and Japan:A Study on Import of Cultured Red Sea Breams from Japan to Korea  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>近年,韓国の日本産マダイ輸入が顕著に増加している。また,国内のマダイ生産量も急速に伸びている。本論文では,養殖マダイの貿易と生産の動向を規定する諸要因を明らかにし,今後の活魚輸入の展開を予測していくことである。具体的な手順は,第1に,韓・日両国の養殖マダイの生産および貿易動向を分析すること。第2に,韓・日両国の養殖環境を比較検討することで,貿易量が変化していく原因を明らかにすること,第3に,以上の分析を通して,今後の韓国と日本の間のマダイの貿易を展望することである。</p><p>韓国が日本からマダイ輸入をはじめたのは1980年代後半だが,現在では,国内マダイ消費量の約30~60%を日本から輸入していれる。日本産マダイが韓国市場を席捲するようになったのは,その競争力の強さにある。韓国の日本産マダイ輸入量は過去10年の間,年平均47%の高い増加率を見せた。日本産活マダイ運搬船の入港地は90%以上がトンヨン付近である。トンヨン付近に輸入港が集中しているのは,この周辺に養殖マダイの主産地が立地していることによる。韓国のマダイ輸入量が変化する主な要因として,国内マダイ消費量の変化,それと日本の円に対する韓国ウォンの為替レートの変化があげられる。</p>

<p>Recently, the volume of red sea breams' imports in Korea from Japan has been remarkably increasing. At the same time, its domestic production in Korea shows a rapid increase. This paper has two objectives. The first objective is to identify important factors responsible for increasing trade and production of cultured red sea breams, while the second one is to make a prediction on future development of live fish imports from Japan. Recent trends of production and trade of cultured red sea breams in Korea and Japan is analyzed. Factors affecting the changes in the amount of trade are described through comparative studies on culture environment in Korea and Japan. The main factors to cause a rapid change in the volume of Korean red sea breams' imports include an ever-increasing volume of domestic consumption and a highly appreciated Korean Won against Japanese Yen.</p>

Journal

  • Journal of Regional Fisheries

    Journal of Regional Fisheries 47(1), 65-89, 2007

    The Japan Regional Fisheries Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007950163
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10589408
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-7857
  • NDL Article ID
    9469394
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-3092
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top