変容する鯨類資源の利用実態:沖縄県名護ヒートゥ漁を中心として  [in Japanese] Changes in the Uses of Whale Resources Over Time:An Example Using the Hand-harpoon Fishery of Nago, Okinawa Prefecture, Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

<p>本研究は,沖縄県名護における鯨類資源と地域との係わりについて分析し,変容する鯨類資源の利用実態とその役割を浮き彫りにすることを目的としている。第一に,名護の突きん棒漁業の生産と流通構造を明らかにした。商業捕鯨モラトリアム以降,捕獲された鯨類のうちゴンドウクジラ類は地元ではなく福岡市場に販売されている。全国的に,生鮮鯨肉のうちゴンドウクジラ類を取り扱うのは福岡市場に限られており,沖縄産,鮎川産,太地産が福岡市場に集中し,生鮮鯨肉間,さらに生鮮鯨肉と冷凍鯨肉の間に品質・価格競争を引き起こしている。福岡市場での地域ブランド形成が今後の課題となる。第二に,地元名護に供給される鯨肉生産物の消費実態をあきらかにするため,地域住民を対象に鯨肉食に対するアンケート調査を実施した。慢性的な供給不足と高値設定のために,消費者のヒートゥ肉ばなれが進行していた。しかし,ヒートゥ肉の食習慣が維持・継承されており,供給量の増加と価格低下を要望する消費者の声が目立った。第三に,地域社会においてヒートゥ漁や鯨類資源がもつ多面的機能について検討した。漁業生産活動による食料供給以外に,社会文化的な役割を果たしている。ヒートゥ漁存続のためには,地元消費や地域社会と結びついた存在意義の見直しが必要である。なお,本研究を進めるにあたり,仙台,築地,横浜,名古屋,大阪,広島,福岡,大分の8中央卸売市場における鯨肉取扱について調査しその取扱状況を類型的に把握した。</p>

<p>Hetu fishing is a type of coastal whaling which has operated since the beginning of the Meiji era, in the area now known as Nago, located within the Japanese prefecture of Okinawa. Hetu fishermen hunt small cetaceans such as pilot whales and bottlenose dolphins, and meat from this fishery was distributed within Nago area and consumed by the local population before the international moratorium on commercial whaling. Since the moratorium however, the majority of whale meat caught in the district has been used to supplement the supply in the Japanese mainland. As a consequence, the supply of whale meat to the Nago region has been significantly reduced. Indeed, the total allowable whale catch for the whole of the Okinawa prefecture has decreased since 2006.</p><p>The purpose of this study is to analyze the relationships between whale resources and local societies, as well as to examine the changes in the use of whale resources in Nago.</p>

Journal

  • Journal of Regional Fisheries

    Journal of Regional Fisheries 47(2-3), 75-98, 2007

    The Japan Regional Fisheries Society

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007950258
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10589408
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1342-7857
  • NDL Article ID
    11075861
  • NDL Source Classification
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL Call No.
    Z18-3092
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top