物理リザバーに向けたポリアニリン-金微粒子ランダムネットワークの構築  [in Japanese] Toward physical reservoir system composed of polyaniline-Au nanoparticle random network  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 宇佐美 雄生 Usami Yuki
    • 大阪大学大学院理学研究科|九州工業大学大学院生命体工学研究科|九州工業大学ニューロモルフィックAIハードウェア研究センター Osaka University|LSSE, Kyushu Institute of Technology (Kyutech)|Research Center for Neuromorphic AI Hardware, Kyushu Institute of Technology (Kyutech)
    • 田中 啓文 Tanaka Hirofumi
    • 九州工業大学大学院生命体工学研究科|九州工業大学ニューロモルフィックAIハードウェア研究センター LSSE, Kyushu Institute of Technology (Kyutech)|Research Center for Neuromorphic AI Hardware, Kyushu Institute of Technology (Kyutech)

Abstract

<p>リザバーコンピューティング(RC)は、リザバー層で行われる演算を物理現象に置換することができる情報処理システムである。我々は、自己ドープ型ポリアニリン分子(SPAN)と Au ナノ粒子(AuNP)からなるネットワーク内に非線形 <i>I-V </i>特性が発生することを明らかにしている。本研究では、RCへの適用可能性を探るため、ナノギャップ電極によって多入力多出力電極間での非線形電気特性および記憶特性を検討した。</p>

<p>Reservoir computing (RC) is an information processing system that can replace the operations performed in the reservoir layer with physical behavior. We have previously shown that nonlinear <i>I-V</i> characteristics occur in a network consisting of self-doped polyaniline molecules (SPAN) and Au nanoparticles (AuNP). In this study, the nonlinear electrical and storage properties between multiple-input and multiple-output electrodes were investigated by nano-gap electrodes to explore the applicability of the SPAN-AuNP network to RC.</p>

Journal

  • Abstract book of Annual Meeting of the Japan Society of Vacuum and Surface Science

    Abstract book of Annual Meeting of the Japan Society of Vacuum and Surface Science 2020(0), 268, 2020

    The Japan Society of Vacuum and Surface Science

Codes

Page Top