西アフリカの低湿地における参加型水田開発手法  [in Japanese] A Participatory Development Scheme of Sawah in West African Lowlands  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

<p>西アフリカの低湿地における参加型水田開発手法について,適地判定手法や具体的な開発工程に重点を置いて報告する。この適地判定手法によってサイトを選定し,水田開発を現地技術者や経験を篤農家の指導のもと,主に参加農民の自主労働と小型耕うん機の利用によって実施する。本方式を適用して適地を選定し,一台3~4千ドルの耕うん機を導入すれば,年間2~5haの新規開田が可能となる。ターゲット収量である4t/haを達成できれば,毎年20~40tの籾が生産でき,年間4~12千ドルの売上げを見込める。投資の大きい初年度を除けば,3年以内で十分に利益を出すことが期待できる。</p>

Journal

  • Water,Land and Environmental Engineering

    Water,Land and Environmental Engineering 83(10), 853-858,a3, 2015

    The Japanese Society of Irrigation Drainage and Rural Engineering

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    130007967921
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12221567
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1882-2770
  • NDL Article ID
    026810465
  • NDL Call No.
    Z18-364
  • Data Source
    NDL  J-STAGE 
Page Top