発育期サッカー選手における腰椎分離症の特徴  [in Japanese] The Characteristics of Lumbar Spondylolysis in Adolescent Soccer Players  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 須藤 彰仁 Suto Akihito
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery and Sports Medicine, University of Tsukuba Hospital Mito Clinical Education and Training Center/Mito Kyodo General Hospital
    • 辰村 正紀 Tatsumura Masaki
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery and Sports Medicine, University of Tsukuba Hospital Mito Clinical Education and Training Center/Mito Kyodo General Hospital
    • 万本 健生 Manmoto Takeo
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery and Sports Medicine, University of Tsukuba Hospital Mito Clinical Education and Training Center/Mito Kyodo General Hospital
    • 平野 篤 Hirano Atsushi
    • 筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター/茨城県厚生連総合病院水戸協同病院整形外科 Department of Orthopaedic Surgery and Sports Medicine, University of Tsukuba Hospital Mito Clinical Education and Training Center/Mito Kyodo General Hospital

Abstract

<p>目的:発育期サッカー選手における腰椎分離症の特徴について調査することを目的とした.</p><p>対象:2014年4月から2018年12月までに腰椎分離症と診断された18歳以下の症例から,部活動もしくはクラブチームでサッカーを行なっている選手83例146ヵ所を対象として罹患部位・病期・癒合率を調査した.</p><p>結果:罹患側は右73ヵ所,左73ヵ所と左右差がなく,片側病変38ヵ所,両側病変108ヵ所と両側発生を多く認めた.部位はL5,L4,L3の順に多く認めた.病期は新鮮分離が55ヵ所であり,癒合率は70.9%であった.</p><p>結論:サッカー選手の腰椎分離症は非利き足を含めたキック動作の反復という競技特性から両側発生が多く,癒合率が低い傾向にあった.</p>

Journal

  • Japanese Journal of Orthopaedic Sports Medicine

    Japanese Journal of Orthopaedic Sports Medicine 41(3), 219-222, 2021

    Japanese Orthopaedic Socety for Sports Medicine

Codes

Page Top