災害復旧--ボタン一つで砂防ダムを築く (特集 土木技術の10年後--構造物や自然の「再生」が新たな技術革新の芽に) -- (シミュレーションストーリー)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

1990年代以降,危険を伴う災害復旧工事や砂防工事では,遠隔操作で建機を動かす無人化施工が普及している。さらに,2014年ごろには,人が操作しなくても自動的に施工するロボット技術が確立し,現場で使われ始めているかもしれない。 九州地方の山間部を流れるA川の上流域は,切り立ったがけに挟まれた谷になっており,土石流危険渓流に指定されている。

Journal

  • Nikkei construction

    Nikkei construction (343), 60-62, 2004-01-09

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    140000134322
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10280647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    09153470
  • NDL Article ID
    6800079
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z16-1928
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top