時事 硬い岩盤と超短周期波で震度6強でも被害少なく

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 7月24日午前零時26分ごろ、岩手県沿岸北部を震源とするマグニチュード6.8(暫定値)の地震が発生し、同県洋野町で震度6強、青森県八戸市など4市町村で震度6弱の揺れを観測した。震源の深さは108kmと深く、プレート内部の岩盤が破壊して地震が起きた。同じく震度6強を観測した6月14日の岩手・宮城内陸地震は、震源の深さが8kmと浅い直下型地震だった。両地震に関連はないとみられる。

収録刊行物

  • 日経コンストラクション

    日経コンストラクション (453), 13-14, 2008-08-08

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    140000140087
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10280647
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09153470
  • NDL 記事登録ID
    9598989
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1928
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ