個所付け 政権与党の利益誘導ちらつく (追跡 民主党政権下の土木 揺り戻された公共事業の配分--メリハリ薄れ不透明感残る2010年度政府予算) -- (ブレ始めた公共事業改革)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 政府の2010年度予算が3月24日の参院本会議で可決、成立した。戦後5番目に早い成立だ。ただ、政権交代後初めての通年度予算の編成や国会審議の過程で、様々な問題が浮き彫りになった。 鳩山由紀夫政権は、政府・与党一元化、政府による政策主導を掲げながら、民主党側が実権を握っていることが徐々に明らかになってきた。

収録刊行物

  • 日経コンストラクション

    日経コンストラクション (493), 36-37, 2010-04-09

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    140000141695
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10280647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    09153470
  • NDL 記事登録ID
    10638339
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1928
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ