OTCゼミナール 痔疾用剤 症状・部位に適した剤形を選ぶ  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

 OTCの痔疾用剤は痔核(いぼ痔)や裂肛(切れ痔)に伴う腫れや痛み、出血などの急性症状を抑えることを目的とした製剤である。ステロイドをはじめとする抗炎症成分、局所麻酔成分、血管収縮成分、収れん成分、殺菌成分などが製造承認基準に準じて配合されている(73ページ表1)。また剤形として、坐剤、軟膏、注入軟膏、液剤、内用剤が使用目的に応じて用意されている。

Journal

  • 日経ドラッグインフォメーションpremium

    日経ドラッグインフォメーションpremium (116), 70-75, 2007-06-10

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    140000156187
  • Text Lang
    JPN
  • NDL Article ID
    8855688
  • NDL Source Classification
    ZS51(科学技術--薬学) // ZD25(経済--企業・経営--経営管理)
  • NDL Call No.
    Z74-B430
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top