インタラクションの初期における受動的情報提示手法 Passive Information Prompting in Early Interaction Stages

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

ユーザがシステムをあまり使用していないような状態において,システム側からユーザに働きかけることでユーザがシステムを使用することを促す,「受動型インタラクション手法」を提案する.また,働きかけのタイミングの効果を検証するために,入力装置の操作量から推測されるユーザの忙しさを参照してユーザの興味をひきそうな情報を自動的に切り替えて順次提示していくスケジューラソフトウェアを実装した.定量的な結果を得るには到っていないが,適切なタイミングでの働きかけ,および,ユーザの忙しさを参照することに効果があることが分かった.We propose "passive interaction styles",the system prompt the user to operate the system actively in early interaction stages that the relationship between the user and the system has not been established well. To investigate effects of prompting timing, we have implemented a scheduler software that provides prospective information one by one automatically to the user referring the user's busyness estimated by the amount of manipulation on input devices. Though quantitative results have not been derived, it was found out that prompting the user on proper timing and referring user's busyness are effective.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)

    情報処理学会研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI) 2002(91(2002-HI-100)), 83-90, 2002-09-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000032317
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1221543X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ