住民基本台帳ネットワーク・カードについてのオンライン意識調査に関する考察 A consideration of the web - based questionnaire survey on Basic Resident Registry Network & Cards

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

社会経済生産性本部・情報化推進国民会議では、住民基本台帳ネットワークおよびカード普及推進を検討するため、全国20?60歳代の2000名を対象としたオンラインアンケートを2003年10月24?27日実施した。本稿では、アンケート調査の概要と結果考察について述べるものである。In October 2003, the National Assembly for Digitization of Japan Productivity Center for Socio-Economic Development (JPC-SED) carried out a web-based questionnaire survey on Basic Resident Registry Network (Juki-net) & Cards. From 20's to over 60's year old, about 2000 people answered the questionnaire. This article report on the brief overview of this survey and discusses issues toward adoption and diffusion of 'Juki-net'.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)

    情報処理学会研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) 2004(43(2004-EIP-024)), 19-24, 2004-05-08

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000053622
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11238429
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ