悉皆調査およびアンケートからみる小学校ホームページの運用状況 Recent trends of content and management in Japanese elementary schools' websites considered from total investigation and questionnaire survey

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は近年急速に普及する小学校ホームページの現状と運用状況を明らかにする。コンテスト選考過程の一環として、全国約12000校を対象に客観的指標による小学校ホームページの悉皆調査と、比較的活発に活動する学校に対するオンラインのアンケート調査を行い、結果をまとめた。平均的なホームページでは、学校ホームページの一般的体裁はほぼ整えられているが、日々の学校での教育活動が把握できる状況にはない。一方、ホームページ活動の活発な学校では、情報の頻繁な更新によって、利用者の学校への信頼と関心を得ることに成功しているが、運用上の課題は、これまで十分な解決がなされてきているとはいえない。This paper discusses trends and issues about Japanese elementary schools' websites especially from the point of views of content and management. From the results of the total investigation of all Japanese elementary school websites using objective indicators and the online-survey for administrator of well maintained websites, the average level sites mostly complete the formal requirements for school, but they are not enough for user (parents) who wants to know the daily information of activities in school. Through frequently updating, active school websites succeed to gain users' confidence and interest for their school.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP)

    情報処理学会研究報告電子化知的財産・社会基盤(EIP) 2004(27(2003-EIP-023)), 37-42, 2004-03-08

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000053629
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11238429
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ