指揮システム:"VirtualPhilharmony"楽器ごとの個別タイムラインによるスケジューラ管理 Conducting System "VirtualPhilharmony": Control of a scheduler by a separate timeline for each musical instrument

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

指揮システム"VirtualPhilharmony" は,実際にオーケストラを指揮する感覚に焦点を当てた指揮システムである.ヒューリスティックに構築されたオーケストラの演奏モデルを基に設計されたコンサートマスター機能や,本番前の練習期間をシミュレートしたリハーサルモードを実装することによって,オーケストラとプレイヤ (指揮者) とのインタラクションを実現し,これによりリアルな指揮感覚をプレイヤに提供する.従来の,単一のタイムラインによるスケジューラ管理を見直し,楽器ごと,声部ごとの複数タイムラインを導入する.また,指揮における左手の役割とシミュレートの方法を議論する."VirtualPhilharmony" is a conducting system focused on a sensation of conducting a real orchestra. It provides a player with the sensation by interaction between the player and V.P. The interaction is realized by "Concertmaster function" designed based on orchestral performance model that is built heuristically and "Rehearsal mode" simulating several practices or rehearsals before a public performance on stage. We reconsider control of a scheduler by a single timeline, introduce a multi timeline for each musical instrument or voice part. We discuss role of a reft hand in conducting and how to simulate it in V.P.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2012-MUS-94(26), 1-6, 2012-01-27

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000069298
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ