事例転写型自動演奏表情付けのための効率的最適事例系列探索手法の検討 A study of the method for efficient rendition of optimal performance expression in the case-based automatic performance rendering approach

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

演奏者が持つ特徴の再現性を重視した自動演奏生成システムの提案のため,未知の演奏指示に対して最適な表情を持つ事例を既知の実演奏から探索し,その表情の転写によって仮想演奏を生成する問題を考える.その際に論点となるのは,どのようにして最適な事例を探索するかと,その探索をどれだけ効率化できるかである.本稿では,実演奏における楽譜とその逸脱を関連付けた統計モデルの体系的構造を指標として活用する枠組みについて説明するほか,評価実験から探索対象とする事例群の制御にその体系的構造を活用することが仮想演奏の生成に最適な事例の効率的な探索に有効であることを示す.We consider a problem to explore cases with suitable expression for unknown performance direction from known performance cases, for the proposal of automatic performance rendering system that places importance in reproducibility of the characteristics of the performer. The issues to be solved are desigining index for selecting optimal cases, and efficient search of such cases. In this paper, we describe the validity of proposed method for efficient search of the optimal cases for the rendition of the virtual performance of unseen composition by the utilization of systematic structure of the stochastic model that associates the artistic deviation and notated direction in the real performance.

収録刊行物

  • 研究報告音楽情報科学(MUS)

    研究報告音楽情報科学(MUS) 2014-MUS-103(50), 1-6, 2014-05-17

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000083771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438388
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ