GPUを利用した線形方程式の反復解法の実装と性能評価  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

GPUとは、高度な描画機能を目指した1チッププロセッサである。近年、このGPUを汎用的に用いてプログラミングを行うことで、演算処理を高速化するというGPGPUが試みられている。本研究では、このGPGPUにおいて、数値計算の1つである共役勾配法の高速化について発表する。サンプルとして、粒子間熱伝導問題解析コードを共役勾配法で解析したプログラムを取り上げ、これをNVIDIAから提供されているプラットフォームであるCUDAを使ってGPU側で実装した。

Journal

  • 第73回全国大会講演論文集

    第73回全国大会講演論文集 2011(1), 203-204, 2011-03-02

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000088273
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top