XMLデータに対するファセット検索のユーザビリティ評価

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

複数の異なるXMLデータから必要なデータ検索する方法として,パス式に基づく方法やキーワード検索などが用いられてきた.我々はユーザの検索要求を効果的に引き出す目的で探索的検索手法の一つであるファセット検索をXML情報検索に適用することを提案してきた.本稿では,XML情報検索に対してファセット検索がもたらすユーザビリティについての評価を行い,手法の有効性を示す.探索的検索における評価方法としては被験者実験が有効であり,その実験タスクの設計が重要である.本稿では従来研究を基にタスク設計を行い,被験者が検索に要した時間の計測とアンケートによる有用性の評価を行い,探索的検索要求に対する有効性を示した.

収録刊行物

  • 第73回全国大会講演論文集

    第73回全国大会講演論文集 2011(1), 717-718, 2011-03-02

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000088523
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ