動的タイムワーピング距離を用いたX線天文データの類似検索  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年の科学分野で扱われるデータの量は膨大である.その筆頭が天文学であり,今も多くのデータが蓄積されている.その内,現在注目されているものの一つに X線天体がある.動的タイムワーピング(Dynamic Time Warping,以下「DTW」)とは,音声や株価といった時系列データを比較する際よく用いられる手法である.これを利用するとDTW距離という類似度を示す一つの数値が得られる.本研究では,全天X線監視装置「MAXI」から提供されるX線天体観測データを対象に,X線天体が起こすバースト現象のデータに対しDTWを用いた類似検索を行い,類似したパターンを示す天体を発見する手法を提案する.

Journal

  • 第74回全国大会講演論文集

    第74回全国大会講演論文集 2012(1), 633-634, 2012-03-06

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000089799
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top