聴覚障害学生に授業の雰囲気を伝えるシステムの構築  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

聴覚障害学生に対する支援の主流は、教員の話し言葉を文字化する講義ノートを作成することである。しかし、作成された講義ノートに書かれているテキストデータは言語情報のみである。そこで、本研究では聴覚障害学生のために教室の臨場感、教員の熱意や喜怒哀楽の声の調子を生成するシステムを構築している。構築するシステムでは文字フォントの幅や大きさに加え、マンガでよく用いられる文字表現技法である吹き出しや漫符、擬音語(オノマトペ)を用いることで、教室の臨場感や教員の熱意などの非言語情報を視覚化する。

Journal

  • 第74回全国大会講演論文集

    第74回全国大会講演論文集 2012(1), 7-8, 2012-03-06

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000090496
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top