パートの重要度を考慮したオーケストラ譜の縮約によるアンサンブル譜の自動編曲

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

音楽の演奏形態の一つであるアンサンブルは、自由な楽器構成が可能な反面、希望の編成の楽譜が入手しにくいという問題がある。そこで、この問題を解決する手法の一つとして、オーケストラ譜の縮約を自動化する方法を検討する。この方法では、元々存在するフレーズを部分的にそのまま使用するため、 音楽的に問題が少ないアンサンブル譜の生成が期待できる。このとき重要となるのが、原曲の雰囲気を損なわないようなパートの選択である。そこで本論文では、再現度の高いアンサンブル譜の生成を目標として、音響心理学と和声の観点からパートの重要度を定義し、オーケストラ譜から重要なパートを抽出する方法を提案する。

収録刊行物

  • 第75回全国大会講演論文集

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 291-292, 2013-03-06

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000091457
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ