異文化交流実践講座(Cross-Cultural Distance Learning: CCDL)の音質、遅延、画像についての主観調査  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

早稲田大学では主としてアジア地域の大学とオーラル・チャットやBBS、テレビ会議システムを有効に活用した授業を1999年から実施している。事前に接続テストを行い、教室での英語による交流に支障が出ないよう、万全を期して入る。しかし、交流授業開設同時の1999年から2005年まで音声の途切れ、エコー、モザイク状の画面など、帯域や転送速度、パケットロスのような物理的症状を経験してきた。最近、この授業では、共通教科書の利用を開始し、異文化対応能力やソーシャル・スキルを体験的に受講者が学べるように改善してきた。また、受講料が必要な科目になったので、音声の途切れ、エコー、モザイク状の画面など、帯域や転送速度、パケットロスのような物理的症状を中澤班が調査するとともに、この班では、5段階の順序尺度を用い、交流の円滑度について交流参加者の内観調査を実施した。データは中国、台湾、韓国と国別に分類し、クラスカル-ウォリスの順序和検定を用いた。

Journal

  • 第75回全国大会講演論文集

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 399-400, 2013-03-06

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000092111
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top