タブレット端末、モバイル端末を利用した英語学習の試み(2012年度前期)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

多様化する教育スタイルに柔軟に対応し教育効果を向上させるためにもモバイル環境への対応は必須と考えられる。早稲田大学オープン教育センターで行っているDiscussion Tutorial Englishは講師1人に対し学生6人の少人数制の授業で、新聞の記事などを読み、これをもとに議論できる能力を育成する授業である。この科目で使用しているPC、スマートフォンなど端末を選ばない予習教材の利用状況について昨年度より調査を行っているが、昨年度の調査では端末による利用状況の違いがないことが分かった。今年度も同科目でこのシステムの学習効果を検証した。この結果を報告するとともにタブレット端末、モバイル端末を利用した英語学習の可能性について論じる。

Journal

  • 第75回全国大会講演論文集

    第75回全国大会講演論文集 2013(1), 403-404, 2013-03-06

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000092113
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top