大衆の生活ノウハウの定量化とモデル化によるスマートライフ支援システム  [in Japanese] Smart Life Support System Based on Modeling and Quantification of Common Know-How on Daily Life  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本論文では,スマートホームにおいて居住者の生活の"質"を向上させるための行動改善をアドバイスするシステムを提案する.提案手法では,スマートホームの居住者とその活動,ならびに家電や家庭用バッテリー,電気自動車などの稼働状況を表すモデルを導入し,そのモデルを用いて生活改善指標を定量化する.加えて居住者の行動認識情報を利用し,行動改善アドバイスを生成する.また,クラウドソーシングを活用し,1,000人を対象としたアンケート調査を通じて不特定多数の人々から得た"生活を充実させるための知恵やノウハウ"を抽出し,それに基づく生活改善指標と改善方策を設計することで,より現実的な指標や改善アドバイスになるような工夫をしている.34人の被験者に対し,実際の家族構成情報と生活内容を用いて行動改善アドバイスを生成し,各被験者から5段階で主観評価を得たところ,73.53%の被験者がアドバイスに満足した.加えて,実在する一般家庭に電力計センサを設置して1カ月以上家電の電力量と使用パターンを計測し,そこから得た推定行動に対するアドバイス生成実験も行っている.

In this paper, we propose a recommendation system that supports to make human life better. Our system recommends to change time or content of activity in non-intrusive way so that they can satisfy smart life metrics which represent reasitents' energy cost, calories, air comfort and quality of time. We formulate a model where we describe resindents' activities and operations of appliances as tuples, and define a variety of recommendations over the model. These metrics are based a large-scaled questionnaire survey. For evaluation, we have implemented two experiments. The one is based on a subjective test, and three fourths of subjects accepted our recommendations. Another is to apply our system to a single family by installing sensors in their real house. We also have our system tested in real situation.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 56(8), 1621-1633, 2015-08-15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000130691
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top