PenFlowchartを用いた,フローチャートによるプログラミング学習の効果に対する評価 Evaluation of the Effectiveness of Programming Education with Flowcharts Using PenFlowchart

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

プログラミング教育では,テキストでソースコードを記述するテキスト型のプログラミング環境だけでなく,画面上の部品を組み合わせてプログラムを作成する環境も使われている.本研究では,テキスト型の初心者用プログラミング学習環境であるPENで実行できるソースコードを,ドラッグ&ドロップで作ったフローチャートから生成するPenFlowchartを開発し,これを用いて高校生を対象にプログラミング教育を行った.その結果を,PENだけで学習を行っていたときのものと比較して検討を行ったところ,授業の進行(特に序盤の演習)がスムーズになった.また,期末試験におけるプログラミングとフローチャートの変換を行う問題についても点数の向上が見られ,その傾向は成績下位者において顕著であった.Programming environments used in programming education may be text-based or use visual objects. In this study, we developed and evaluated PenFlowchart, which generates codes for PEN (a text-based programming environment for novices) by making flowcharts using objects manipulated by a mouse being used for programming education for high school students. The results of learning using PenFlowchart were compared with results using PEN alone. Also, we found that students' grades are improved (particularly in the case of poorly performing students) on the reference questions in term-end examinations, which ask conversion from text-based programs to flowcharts or vice versa.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE)

    情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE) 1(4), 75-82, 2015-12-09

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000147708
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12697953
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    2188-4234
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ