情報処理学会におけるダイバーシティ推進-Info-WorkPlace委員会の取り組み-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,情報処理学会におけるダイバーシティ推進の取り組みとして,2016年4月に発足したInfo-WorkPlace委員会の活動を紹介する.本委員会は,女子学生,女性技術者・研究者の活動を支援し,学会の一層の発展を図ることを目的に設立されたが,委員会名にあえて「女性」という言葉を入れていない.これは,性別・年齢などの属性を問わず,私たちのワークプレイスを新たにデザインしていくことを目指したい,という思いが込められているためである.女性支援活動は重要な取り組みといわれながらも,一部の女性だけが活発に活動していて広がりがない,女性というだけで半ば強制的に参加させられるなど,本来の意味で機能していない事例も見受けられる.我々は,参加することにメリットがあり,参加したくなる場づくりを目指した,新しい形の活動を模索している.本稿では,委員会設立までの経緯,現在の活動内容を紹介することにより,ダイバーシティ推進活動の今後の方向性について考察する.

収録刊行物

  • デジタルプラクティス

    デジタルプラクティス 8(1), 30-37, 2017-01-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000148369
  • NII書誌ID(NCID)
    AA1245124X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    2188-4390
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ