周辺視への錯視図形提示によるコンテンツ視聴手法の実現 Realization on Enhancement Method of Content Viewing Experience by Illusion in Peripheral Vision

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

PC上での映像コンテンツ視聴の質は,ディスプレイのサイズや内蔵スピーカなどPCの性能に依存する.これを解決するには高品質のディスプレイやスピーカを準備する必要があるが,コストが増大するといった問題点がある.そこで我々は,PCの制限の中で視聴体験を豊かにすることを目的とし,実際とは異なる知覚をもたらす錯視図形をコンテンツの周辺に提示することで,人の周辺視を刺激し,コンテンツの印象を変化させる手法を提案する.本稿では,映像コンテンツ視聴時に映像コンテンツ周辺へ錯視図形を複数種選定して提示する実験を実施することにより,コンテンツに対する印象がどのように変化するかを明らかにする.The quality of video content viewing on a PC depends on the performance of the PC such as the size of the display and built-in speaker. To solve this problem, it is necessary to prepare high-quality displays and speakers, but there is a problem that the cost increases. Therefore, we propose a method to change the impression of the content by stimulating the peripheral vision of the person by presenting the illusion figure around the content with the aim of enriching the viewing experience under the limitation of the PC. In this paper, we examine how the impression on content changes by executing experiment that selects and presents a plurality of illusionary figures around video contents when viewing video contents.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 59(2), 681-689, 2018-02-15

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000149296
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ