Pedagogical Agentの導管メタファ・ジェスチャが学習者の理解に与える効果 The Effect of Conduit Metaphoric Gestures Performed by a Pedagogical Agent on Learners' Understanding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では,Pedagogical Agent(PA)が説明を行う際に用いる導管メタファ・ジェスチャが,学習者における専門用語の記憶定着,抽象概念間の関係性の理解,学習体験,および,PAの知覚に与える影響を評価する.実験は,ジェスチャ要因(スピーチ・ジェスチャ・マッチ条件vs.スピーチ・ジェスチャ・ミスマッチ条件vs.ジェスチャなし条件)を操作する1要因3水準参加者間実験デザインとし,用語記入課題,図形選択課題,およびアンケートによって評価を行った.大学生140名によるオンライン実験の結果,スピーチ・ジェスチャ・マッチ条件で,スピーチ・ジェスチャ・ミスマッチ条件およびジェスチャなし条件と比較して,図形選択課題スコアに向上がみられた.またスピーチ・ジェスチャ・マッチ条件で,ジェスチャなし条件と比較して,参加者がより学習内容の理解に努めていたことが明らかになった.これらのことより,PAの導管メタファ・ジェスチャは学習者にとって内容理解の補助になることが示唆された.In this paper, we examine the impact of conduit gestures performed by Pedagogical Agent (PA) on learners' memorization of technical terms, understanding of relationships between abstract concepts, learning experience, and perception of the PA. The study employed a one-factor three-level between-participants design where we manipulated gesture factor (speech-gesture match vs. speech-gesture mismatch vs. no-gesture). The data of 140 students were acquired in an on-line experiment. As the results, we found that students showed accurate understanding of the relationship between abstract concepts when the PA used conduit gestures matched to speech content than when used gestures mismatched, and no gesture. Also, we found that students tried to understand the contents harder when the PA used conduit gestures matched to speech content than when used no gesture. Those results suggest that conduit gestures performed by PA help learners to better understand the learning contents.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE)

    情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE) 4(1), 83-92, 2018-02-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    170000149325
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12697953
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    2188-4234
  • データ提供元
    IPSJ 
ページトップへ