個人データの保護と流通を目的とする匿名化と再識別コンテスト:PWSCup  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

2017年5月30日に全面施行された改正個人情報保護法により「匿名加工情報」という新たな情報の類型が導入された.その作成に関する規則の解釈や技術的な知見の共有が求められている.2015年より行われている匿名加工・再識別コンテスト(PWS Cup)は,匿名加工技術の発展を目的とする対戦型コンテストである.2017年に行われたコンテストでは,政府が定めた規則への解釈を含め,データの有用性と安全性を総合的に評価する試みを実施した.本稿ではコンテストの概要と結果について紹介した上で,得られた知見について報告する.

Journal

  • デジタルプラクティス

    デジタルプラクティス 9(3), 659-684, 2018-07-15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000149611
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1245124X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    article
  • ISSN
    2188-4390
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top