コードクローンのリファクタリング可能性に基づいた削減可能ソースコード量の分析  [in Japanese] Analyzing the Amount of Reducible Source Code Based on the Refactorability of Software Clones  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

コードクローンはソフトウェア保守を困難にさせる要因の1つといわれている.また,コードクローンのリファクタリングとは,外部的な振舞いを保ちながら,コードクローンを削減するプロセスであり,ソフトウェア保守性を上げる可能性がある.企業が請負うソフトウェアの保守性向上をサービスとして,ソースコードのリファクタリングが検討されることがある.しかし,コードクローンのリファクタリングによる削減できる開発のコストを見積もる際,複数の課題が発生する可能性があるため,その見積もりが難しくなることがある.そこで,本研究では,リファクタリングの見積もりに関する課題を解決して,コードクローンをリファクタリングしたと仮定したときの削減可能ソースコード量を推定する手法を提案する.また,7つのオープンソースソフトウェア(OSS)に対して削減可能ソースコード量を推定し,コードクローンの行数と比較して平均6.9%であることが分かった.

Code clone makes software maintenance more difficult. Refactoring of code clones is one process of reducing code clones while maintaining external behavior. It is able to increase the software maintainability. When a company which is commissioned to maintain software has to estimate the cost and benefit of refactoring source code owned by a customer. They have trouble preparing their estimates because of refactoring code clones that have several problems is difficult. We proposed a solution to each problem and applied a method to investigate "the amount of reducible source code" for seven open source software products. As a result of the investigation, we found that approximately 6.9% of the detected code clones could be reduced.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 60(4), 1051-1062, 2019-04-15

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000150281
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00116647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    1882-7764
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top