感性に基づく楽曲生成のためのコードネーム推定  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

個人の感性を反映した楽曲生成システムの研究が進められている.本システムでは,個人の特定感性を想起させる楽曲集合を学習データとし,学習データに共通する楽曲の構成要素を感性モデルとして獲得する. 獲得した感性モデルに基づき,進化計算アルゴリズムでメロディ,枠組構造,モチーフ,和音進行で構成されている楽曲を生成する.現在,学習データは楽譜をもとに手作業で作成しており,大量の学習データを用意することができない.また,楽譜にコードネームが記載されていない場合,コードネームの導出が必要となる.本研究では,学習データを自動生成するためのコードネーム推定手法を提案する.

Journal

  • 第79回全国大会講演論文集

    第79回全国大会講演論文集 2017(1), 85-86, 2017-03-16

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    170000174570
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00349328
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    IPSJ 
Page Top