増えるサラリーマンのうつ--軽症でも自殺の可能性、慎重な対応が必要に (シンポジウム 軽症うつ病)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

 近年,分裂病やうつ病の軽症化が指摘されるようになって久しい。1966年に軽症うつ病を本邦で最初に指摘した平沢1)は,その特徴を,受診時における症状の前景には身体症状(身体的愁訴)がみられ,うつ病特有の精神症状は背後に隠れている場合が多い入院治療を必要とするほどは重症化せず,外来治療に終始する病前性格としてはメランコリー親和型性格が多い(メランコリー親和型…

Journal

  • Nikkei medical

    Nikkei medical (384), 133-136, 1999-11

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40002811391
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00184680
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    03851699
  • NDL Article ID
    4887319
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-688
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top