移植・再生療法の現状と展望--選択肢広がる移植対象細胞 根治療法として期待高まる (シンポジウム パーキンソン病を学び直す)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

◎パーキンソン病に対する細胞移植は,本疾患に対する最も新しい外科的治療法の一つである。◎分子生物学的および細胞工学的手法の発達により,種々の神経伝達物質産生細胞や神経栄養因子産生細胞が作製できるようになった。◎高分子半透膜に細胞を封入して移植するカプセル化細胞移植や,神経幹細胞移植など,新しいドナー細胞の移植の臨床応用が近づいている。

Journal

  • 日経メディカル

    日経メディカル (414), 123-125, 2002-05

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40002811581
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00184680
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    会議録・学会報告
  • ISSN
    03851699
  • NDL Article ID
    6156415
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-688
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top