ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ(米国・フロリダ州) "アフリカ"の要素で埋めつくす (インテリア 地域性を創出するホテル--テーマを絞り込んで空間演出を徹底)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 客室から外を見ると,キリンや水牛などの野生動物が目に入る—。ディズニー・アニマルキングダム・ロッジは,敷地内に約13万4000m2のサバンナを持つホテルである。 「ゲストに本場のアフリカを体験してもらう」というのがコンセプトだ。「景観を再現するだけでなく,アフリカの文化や芸術,動物といった要素を採り入れた」と設計者のピーター・ドミニク氏は強調する。

収録刊行物

  • 日経ア-キテクチュア

    日経ア-キテクチュア (698), 118-121, 2001-08-06

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40004108205
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00184658
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    03850870
  • NDL 記事登録ID
    5856257
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-943
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ