病院経営セミナー--職員の感染事故をいかに防ぐか  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

 注射針の誤刺などによる職員の感染事故が頻発している。針刺しでC型肝炎ウイルスに感染した看護婦が病院を訴え、病院側が敗訴するケースも出てきており、病院として事故対策を講じることが不可欠になってきた。その進め方について、関西労災病院や岸和田徳洲会病院などで感染対策のコンサルテーションを手がけている、ヘルスケアリソース研究所の土井英史氏に解説してもらった。

Journal

  • Nikkei healthcare

    Nikkei healthcare (126), 93-97, 2000-04

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40004813015
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10268732
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    09154191
  • NDL Article ID
    5332461
  • NDL Source Classification
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z6-2968
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top