ケース・スタディ アコム データを基にサイト刷新 "会話型ナビ"も導入し利便性向上

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

アコムは,Webサイトを2003年2月にリニューアルした。特徴は,アンケートやログ解析から得られた「データ」を基に"再建策"を立てたことだ。さらに,普段の会話で使う文章で質問すると,該当するページにナビゲートしてくれるシステムを導入。ページ・ビューの増加という成果を得た。

収録刊行物

  • 日経Internet solutions

    日経Internet solutions (70), 84-88, 2003-05

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40005794601
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11708883
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    13476580
  • NDL 記事登録ID
    6558820
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-B487
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ