食料の総輸入量・距離(フード・マイレージ)とその環境に及ぼす負荷に関する考察  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

フード・マイレージとは、輸入相手国別の食料の輸入量に当該国からわが国までの輸送距離を乗じ、その数値を累積することにより求められるもので、単位は・km(トン・キロメートル)で表示される。2001年におけるわが国の食料輸入総量は合計で約5800万で、国毎の輸入量に輸送距離を乗じ累積したフード・マイレージは約9000億・kmとなる。なお、この水準はわが国国内における1年間の総貨物輸送量の約1.6倍に相当する。諸外国の数値をわが国と比較すると、韓国およびアメリカは3-4割、イギリスおよびドイツは約2割、フランスは1割強となっている。人口1人当たりでみると、韓国はわが国に近い水準であるが、イギリスは約半分、フランスおよびドイツは約3割、米国は1割台の水準である。また、わが国は、特定の品目(穀物、油糧種子等)や輸入相手国(米国等)に偏っているという特徴がある。さらに、輸入食料の輸送に係るCO2排出量を試算すると、国内における食料輸送に伴うよりも相当大きな負荷を環境に及ぼしていることが推測される。

Journal

  • Journal of agricultural policy research

    Journal of agricultural policy research (5), 45-59, 2003-12

    農林水産省農林水産政策研究所

Cited by:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40006085220
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11614280
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1346700X
  • NDL Article ID
    6826057
  • NDL Source Classification
    ZR8(科学技術--農林水産--農産--農業経済学)
  • NDL Call No.
    Z74-C828
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top