古宇利大橋電話線敷設工事(沖縄県名護市) 大雨の間げきをついた作業中に直撃--事故例の少なさも安全対策の盲点に (特集 建設事故2004 自然が招く現場の災害--予期せぬ気象が与えた影響から対処法を学ぶ) -- (落雷)  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

雨が小降りになり,橋の上で電話線を通す塩ビ管の仮置き作業を再開した直後に,稲妻が走り,作業員を直撃した。不安定な天候の中で,現場では大雨への警戒はあったが,落雷の危険性までは認識していなかった。地元で落雷事故の例が少なかったことも,リスクの認識不足につながった。

Journal

  • Nikkei construction

    Nikkei construction (366), 69-70, 2004-12-24

    日経BP社

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40006560205
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10280647
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • ISSN
    09153470
  • NDL Article ID
    7192221
  • NDL Source Classification
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL Call No.
    Z16-1928
  • Data Source
    NDL  Nikkei BP 
Page Top