陣痛促進剤投与による過強陣痛により生じた胎児仮死について、分娩監視義務を怠った過失があるとして、病院側の不法行為責任が認められた事例(神戸地尼崎支判平成12.9.30) (民事法判例実務講座(17))

この論文をさがす

収録刊行物

  • 法律のひろば

    法律のひろば 58(1), 69-71, 2005-01

    ぎょうせい

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40006565226
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00327096
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集 // 判例研究
  • ISSN
    09169806
  • NDL 記事登録ID
    7195139
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-29
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ