培養条件下でのマツノザイセンチュウの増殖に対する数種殺虫剤の抑制効果 Inhibitory effect of several insecticides on in vitro propagation of the pinewood nematode, Bursaphelenchus xylophilus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

培養条件下でのマツノザイセンチュウ(センチュウと略す)の増殖に対する殺虫剤(アセフェート(オルトランR)、クロルピリホスメチル(レルダンR)、フェニトロチオン(スミチオンR)、マラチオン(マラソンR)、ピリミホスメチル(アクテリックR)、ピリダフェンチオン(オフナックR))、殺ダニ剤(デコフォル(ケルセンR))の抑制効果を調べた。クロルピリホスメチル、フェニトロチオン、ピリミホスメチル、ピリダフェンチオンは培養条件下でセンチュウの増殖を抑制した。これらの殺虫剤のセンチュウ増殖を抑制する濃度は、それぞれ0.09、0.45、0.62および<0.25ppm以上と推算された。マツ樹幹注入剤メスルフェンホス(ネマノーンR)と酒石酸モランテルナトリウム塩はそれぞれ1.28および3.58ppm以上の濃度で同様の効果を示すと推算された。クロルピリホスメチル、フェニトロチオンおよびピリダフェンチオンはマツノザイセンチュウの媒介昆虫であるマツノマダラカミキリに対する予防散布薬の成分でもある。このような一致は興味深い。

収録刊行物

  • Japanese journal of nematology

    Japanese journal of nematology 34(2), 99-102, 2004-12

    Japanese Nematological Society

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40006602182
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11995220
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    09196765
  • NDL 記事登録ID
    7219771
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1311
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ