判例分析 商品先物取引 商品先物取引員の行った勧誘行為が先物取引の危険性に係る説明義務に違反するなど委託者の利益を侵害する社会的に違法なものであって一体として不法行為を構成するとして顧客の商品取引員に対する損害賠償を認め(過失相殺5割),他方,商品取引員の顧客に対する清算金請求については信義則に反するとして棄却した事例[金沢地裁平成10.11.6判決] (説明義務・情報提供義務をめぐる判例と理論) -- (金融取引)

この論文をさがす

収録刊行物

  • 判例タイムズ

    判例タイムズ 56(16), 45-47, 2005-07-10

    判例タイムズ社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40006755073
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00326956
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    判例研究 // 特集
  • ISSN
    04385896
  • NDL 記事登録ID
    7350451
  • NDL 雑誌分類
    ZA11(政治・法律・行政--法律・法律学)
  • NDL 請求記号
    Z2-89
  • データ提供元
    NDL 
ページトップへ