木材腐朽菌のマツノザイセンチュウに対する捕食効果 Ability of wood-decay fungi to prey on the pinewood nematode, Bursaphelenchus xylophilus (Steiner et Buhrer) Nickle

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

木材腐朽菌を中心とする担子菌14種25菌株についてマツノザイセンチュウ(以下線虫)に対する捕食効果を追及した。ペトリ皿内の1.5%寒天平板上に生育する供試菌菌叢に対し線虫を接種して、菌糸の影響を顕微鏡下で直接観察した。9種の木材腐朽菌に線虫捕食効果を確認した。ヒラタケ、ウスヒラタケ、エリンギ、シイタケ、ツキヨタケでとくに効果は顕著であった。マツオウジ、シハイタケ、ナメコ、ヒトクチタケにも線虫捕食効果が認められたが、捕食死亡率や効果発現の時間的経過などにおいて、ヒラタケをはじめ上記5種と比べて捕食効果は劣った。ペトリ皿のPDA培地平板上で発育伸長した各菌菌叢が線虫の増殖に及ぼす影響を検討した。ヒラタケ、ウスヒラタケ、エリンギ、シイタケ、ツキヨタケ、マツオウジ、ナメコの菌叢では、接種線虫は早くに消滅し、以後の増殖は起こらなかった。シハイタケ、ヒトクチタケでは、線虫の生存が接種後もしばらく認められたが、とくに目立った増殖にはいたらなかった。このような増殖実験の結果は、各供試菌が示した線虫捕食効果の強弱と一致していて、菌叢の線虫への直接的な影響を裏付けた。マツオウジ、シハイタケ、ヒトクチタケは、マツ枯死木における普遍的な先駆的木材腐朽菌であり、これらの枯死木材中における生息が、線虫の個体数変動に与える影響が予測された。

収録刊行物

  • Japanese journal of nematology

    Japanese journal of nematology 35(1), 21-30, 2005-06

    Japanese Nematological Society

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40006921342
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11995220
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    09196765
  • NDL 記事登録ID
    7488293
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1311
  • データ提供元
    CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ