土木の明日を読む 市民参加 観光資源への再生目指す

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 高知県香美市から同県香南市までをつなぐ「塩の道」と呼ぶ道路の再整備が進んでいる。地域の歴史遺産である塩の道を観光資源として活用し,地域を活性化しようと,地域住民たちの努力が続いている。 塩の道は,高知県の沿岸地域で作る塩を山間地域に運ぶために,明治時代の中ごろまで使っていた。近年は雑木や倒木などで通れなくなっていた。

収録刊行物

  • 日経コンストラクション

    日経コンストラクション (399), 10-11, 2006-05-12

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40007236720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10280647
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09153470
  • NDL 記事登録ID
    7897274
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1928
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ