安全手帳 労働災害 現場の豪雨災害を防ぐポイント--避難の経路や避難に必要な時間の確認を

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 気象庁発表のデータによれば,1時間当たりの降水量が100mm以上の降水の発生回数は,1986〜95年は年平均2.2回。それが96〜2005年には同4.7回と倍増した。 下表の通り,雨が原因となった可能性のある現場の災害も発生している。法面の崩落による事故が多いが,なかには下水道にたまった雨水が原因で被災した例もある。

収録刊行物

  • 日経コンストラクション

    日経コンストラクション (409), 74-75, 2006-10-13

    日経BP社

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    40007450635
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10280647
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09153470
  • NDL 記事登録ID
    8077692
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-1928
  • データ提供元
    NDL  日経BP 
ページトップへ