オーチャードグラス新品種「はるねみどり」の育成とその特性  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

オーチャードグラス新品種「はるねみどり」は,独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構北海道農業研究センター作物開発部イネ科牧草育種研究室で育成された。「はるねみどり」は,2005年9月にオーチャードグラス農林合10号として命名登録され,同年に北海道優良品種として採用された。「はるねみどり」は5栄養系より成る合成品種で,3栄養系は「北育50号」に,各1栄養系は「北育45号」および「フロンティア」に由来している。「はるねみどり」の特性は,以下のとおりである。1. 出穂始めは,「ワセミドリ」より全場所平均で1日遅く,"早生"に属する。2. 収量性は「ワセミドリ」と同程度かやや優れる。1番草収量は「ワセミドリ」よりやや優れ,4番草収量は「ワセミドリ」より優れる。3年目収量は「ワセミドリ」より優れ,3年目の収量の低下は小さい。3. 越冬性は「ワセミドリ」よりやや優れ,早春の草勢は優れる。耐寒性は"やや強",耐病性(雪腐大粒菌核病および雪腐黒色小粒菌核病)は"強"で「ワセミドリ」より優れる。秋季は急速に耐凍性が高まる。4. 多回刈での収量は「ワセミドリ」と同程度である。5. すじ葉枯病罹病程度は「ワセミドリ」と同程度である。黒さび病罹病程度は「ワセミドリ」より高い。6. マメ科率(アカクローバ)は年平均約20%を維持し,混播適性は「ワセミドリ」と同程度である。7. 放牧特性検定における利用率は同程度で,放牧適性は「ワセミドリ」と同程度である。8. 飼料品質,採種性は「ワセミドリ」と同程度である。9. 草型は直立型で,出穂期の草丈は「ワセミドリ」よりやや低い。

Journal

  • Research bulletin of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region

    Research bulletin of the National Agricultural Research Center for Hokkaido Region (185), 13-31, 2006-11

    北海道農業研究センター

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    40015226244
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11611599
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    13478117
  • NDL Article ID
    8616303
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-211
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top